ロシア語通訳協会、АПР、APR、通訳、翻訳、ロシア語、日本案内、東京物語



シンポジウム

1980年の第1回目の開催より毎年、『通訳の諸問題シンポジウム』は、経験・技術の継承、知識・情報の蓄積・交換の場として、また通訳・翻訳家たちの連帯を確認し合う「年に一度のお祭り」として開催されてきました。その内容を羅列したリストをながめますと、形式は「報告、講演、対話、パネルディスカッション、寸劇など」、内容も「通訳者の訓練方法や日頃の自己学習法、通訳現場での体験談や通訳テクニック、顧客との関係や理想的通訳者像の考察など」と、実に盛りだくさんであることに驚かされます。

 参加できなかった方やこれからプロの通訳・翻訳者を目指す方に役立てていただけるよう、ロシア語通訳協会の財産ともいえるそれら過去のシンポジウムの録音テープと資料を安価にて販売いたしております。どうぞご利用ください。

回数 年度 内容  (★印はロシア語) 講師
第26回
設立30周年記念シンポジウム
2010年 祝辞 徳永晴美
Lost in Translation
        ~翻訳(通訳)で迷子になって~
沼野充義
★О японо-русском переводе 原ダリア
第25回
設立25周年記念シンポジウム
2005年 ★日露関係150年 サルキソフ
最初の露日辞典を作ったゴンザ 井桁貞義
参加者討論会:通訳者として辞書を考える
        司会  米原万里
第24回
異文化コミュニケーションの最前線で
2003年 ★『ロシア語会話とっさのひとこと辞典』をネイティヴ・チェックして-教科書や辞書では分からない言葉に秘められた文化 名田
 スヴェトラーナ
経験交流会:私の異文化体験
        問題提議  米原万里
★通訳者・翻訳者のためのロシア語学習法と教材-来日中のロシア語教育専門家を囲む会ー
第23回 2002年 ★創設から10年経過のCISおよびロシアが抱える諸問題と展望 ゴロブニン
通訳・翻訳者によるパネルディスカッション:
ソ連解体から10年、仕事内容や条件はどう変化したのか
第22回 2001年 通訳者・コミュニケーターに必須のロシア文化論 村田真一
通訳者の5つの原罪と十戒について 徳永晴美
第21回 2000年 ★エリツィン時代の総括/プーチン新大統領の船出 ソンツェフ
日ロ関係の展望と極東開発 吉田進
日本人のロシア語のウィークポイント 原ダリア
第20回
ロシアはどうなる?
通訳者生存の道は?
ロシア語界論客勢ぞろいのトークバトル
1999年 日ロ関係、ロシア、ロシア語、ロシア語通訳の将来は?<あなたは悲観派?それとも楽観派?>
良い通訳、悪い通訳?プロとは?アマとは?
<あなたは悲観派?それとも楽観派?>
第19回
これからが本番の日ロ関係ー通訳者よ用意はいいか?
1998年 小姑は口うるさいのだ 米原万里
聞いておいても損にならない話
        -порядок и стихийность
袴田茂樹
第18回
通訳能力は計測可能か
1997年 サイマル式通訳者の能力査定とランキング 小松達也
★ロシア語通訳検定試験の試み ウラソフ
第17回
神は細部に宿る。悪魔も…
1996年 あえて通訳・翻訳の重箱の隅をつつく
        -外的言語学的そぞろ歩き
徳永晴美
NIS諸国は、どうなっているのか? 秋野豊
第16回
外国語で稼ぐ3つの方法
        -通訳、翻訳、教育
1995年 私の翻訳観と翻訳作法 辻由美
★通訳体験と教授法 ストリジャック
宇多文雄
独裁がやってくる!(漫談) 月出皎司
第15回
許せる裏切り、許せない裏切り
1994年 基調報告 近藤正臣
★外交官の通訳経験 ガルーシン
ディスカッション
ジリノフスキー現象を考える 末富丈夫
第14回
人民通訳大会
        -過渡期の課題と展望
1993年 劇団・そまつ(ソ末)座プロデュースによる
観客総動員の討論劇
★ゲストスピーチ:ロシア経済改革の行方 ツェリシェフ
第13回
窮地脱出法
1992年 寸劇:劇団そまつ(ソ末)座公演
★ゲストスピーチ:
        ソ連邦の死滅…ではその後にくるものは?
ゴロブニン
第12回
競争と連帯
1991年 問題提起 徳永晴美
こんな通訳に頼みたい 菊次厚子
★日本人ロシア語通訳者にありがちな欠点 ノボセリツェフ
ゲストスピーチ 仏語、中国語
朝鮮語通訳者
第11回
ロシア語通訳を取り巻く新しい状況
1990年 報告1,2,3  月出皎司
小川章一
小宮山俊平
★欠点の発見とその克服法 ブランギンスキー
通訳者のランキング 石井武司
第10回
総集編
1989年 翻訳私論 牧野守雄
これからの添乗員 田中かな子
常に準備を 三浦みどり
劇場芸術通訳者の倫理 五月女道子
宮澤俊一
大学は通訳者養成の場ではない 宇多文雄
第9回
より良き日ソ・
        コミュニケーションのために
1988年 日ソ交渉術 森本忠夫
★日露同時通訳の諸問題 ストリジャック
★美しい話し言葉 サフチェンコ
第8回
準備と本番
1987年 ★通訳としての準備以外の準備 クリフツォフ
パネルディスカッション:準備と本番
第7回
通訳と語学力
1986年 ★ソ連人から見た日本人通訳のロシア語 クリフツォフ
パネルディスカッション:語学力と通訳能力
第6回
経験の継承をめざして
1985年 外交とロシア語 西田勝次
語学教育と通訳の間 宇多文雄
★ゲスト報告 クリフツォフ
第5回 1984年 理想的通訳者像 草柳益和
私の通訳体験:ロシア語通訳の現場から 徳永晴美
顧客との関係 小川章一
第4回 1983年 最近の日ソ関係とロシア語学習の展望 白井久也
通訳過程とメモ(日英同時通訳者の体験から) 横田謙
★私の通訳体験:
日本人ロシア語通訳者がおかしやすい誤り
サルキソフ
★同時通訳訓練法
第3回 1982年 露日逐次通訳の諸困難と対処法 児島宏子
通訳者のマナー、雇う側が通訳者に求めるもの 小松達也
★ソ連式同時通訳訓練を受けた体験から サプリン
★通訳者の自己学習法 ストリジャック
第2回 1981年 日ソ関係の現状と展望から見たロシア語 通訳の需要 毛利  晃
技術通訳への道
         ― 特にコンピュータをめぐって
小林満利子
★ガイド通訳のノウハウ 橋  盛彦
同時通訳の基礎テクニックおよび諸困難 徳永晴美
第1回 1980年 通訳問題の観点から見たロシア語通訳 新田  実
会話からスピーチへ 徳永晴美
通訳者の養成と訓練 ― 特に数詞について 中川研一
日本におけるロシア語ガイド通訳 片倉正晴

アーカイブ

     追悼集 三浦みどりさんを偲ぶ
     追悼集 米原万里さんの三回忌に寄せて
     追悼集 米原万里さんを偲んで
     I.ポポワ著『ロシアより愛を込めて』(紹介と書評)
     相川 和子    『近藤一族』
     村山 敦子    ノボシビルスクの日本語教育
     岡本 祥子    『歌おう、ロマンス!』
     三浦 みどり    『筆塚真理子さん、ありがとう!』
     河島 みどり    『リヒテルが主催した型破りの音楽会』(会報29号から)
     井戸 ひろこ    『地方の蛙だより』(むかしむかしの会報から) 

↑ PAGE TOP


ウクライナ通信

No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8 No.9 No.10
No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16 No.17 No.18 No.19 No.20
No.21 No.22 No.23 No.24 No.25 No.26 No.27 No.28 No.29 No.30
No.31 No.32 No.33 No.34 No.35 No.36 No.37 No.38 No.39 No.40
No.41 No.42 No.43 No.44 No.45 No.46 No.47 No.48 No.49 No.50
No.51

↑ PAGE TOP